学び舎・シェアハウスのご案内
Rental Place & Share House

学び舎の使い方

自炊設備の整った研修施設です。多様な目的でご利用いただけます。

  • 会議やワークショップ、映画上映会、ミニライブなどイベント会場として
  • エコロジカルな住まいや暮らし方を体験する施設として
  • 果樹や野菜の栽培や収穫、調理加工、山野草の観察や薪割りなど農的暮らしを楽しむために
  • 宿泊滞在しながら近隣の森を散策したり、ワイナリーや農園を訪ねたりして余市仁木を満喫するために

学び舎を利用した研修例

グループのテーマや人数、日程に合わせて研修を企画、提案しています。一例をご紹介します。

グループ研修1「余市グリーンツーリズム・ハイライト」(6月末)

  • テーマ:観光、農村計画、町づくり
  • 集合・解散:10:00集合16:00解散(JR余市駅)
  • 参加人数:25人
スケジュール案
10:00-11:00 山本観光果樹園(サクランボ狩り、農園の歴史や果樹栽培についてレクチャー)
11:15-12:00 エコビレッジ視察(エコカレッジの取り組みについてレクチャー)
12:00-12:45 エコビレッジにて地元食材をふんだんに使ったランチとスイーツ
13:00-13:45 余市のぼりんファーム(新規就農者の経営するファームイン)
13:55-15:15 ニッカウィスキー(工場見学)
15:15-15:30 まとめ

グループ研修2「地域起こし研修」(8月末)

  • テーマ:町づくり、起業、コミュニティビルディング
  • 集合・解散:10:00集合16:00解散(JR余市駅)
  • 参加人数:10人
スケジュール案
11:00 集合。コミュ二ティレストラン「余市テラス」の取り組み
11:45-12:45 「余市テラス」にて地元食材を使ったランチ
13:00-14:00 登醸造訪問、小規模ワイナリーの起業について
14:30-15:30 エコビレッジにて講義①「欧州エコビレッジとトランジションタウン」
15:30-16:00 休憩(手作りスイーツとお茶)
16:00-17:30 講義②「余市エコカレッジの取り組みとエコ建築について」
18:00-19:00 夕食懇談会(エコビレッジにて。外食も可)
19:30 終了、温泉その他各自、宿泊
8:00-9:45 朝食(エコカレッジにて)
10:00-10:45 畑作業
11:00-11:30 地域起こし活動例②フットパス(フルーツパークにきへ)

*訪問箇所は天気などの都合で変更になる可能性があります。

*費要は内容に合わせてお見積もりいたします。

*学び舎を貸切利用して、自炊しながら独自に研修や会議を開催することも可能です。

学び舎の施設案内

【定員】

30人(シアター形式)
20人(ワークショップ、パーティー形式)
10人(宿泊利用)

【設備】

冷蔵庫、調理器具(フライパン、鍋など)、食器類(20人分)、薪ストーブ、バイオトイレ、簡易水洗トイレ、簡易シャワー、作業テーブル、プロジェクター、スクリーン

【インターネット環境】

利用可(無線ランあり、パソコンは持参してください)

利用上の注意

ここは一般のホテルや民宿とは異なり、もっぱら旅行客を対象にした施設ではありません。住民、法人会員、一般来訪者など多様な方が同じ敷地を利用します。お互いに気持ちよく使えるように気を配りましょう。

【研修室】
  • 限りある資源を大切にシェアするために、不要な電気は消して下さい。
  • 脱いだ靴は揃えて所定の場所に置いて下さい。
  • 泥のついた軍手や長靴など汚れたものはできるだけ外で汚れを落として下さい。
  • 広げた私物などは、景観維持および盗難防止のためになるべく片付けて下さい。
【薪ストーブ】
  • 薪ストーブを着火する際は、周囲に可燃性のものがないことを確かめ窓を少し開けて空気を入れます。レンジフードの換気扇は必ず止めてください。一旦着火したら空気の量を調整してあまり高温にならないように気をつけてください。
  • 着火しているストーブの周りで行動するときは十分気をつけ、怪我については自己責任でお願いします。
  • ストーブの天板の上に汁ものなど食べかすをこぼさないようお願いします。ストーブの上で温めた鍋は、座卓の上などに下ろしてから配膳して下さい。
  • 焚付けの木片をナタで切るときは十分気をつけてください。
【台所】
  • 食器、調理器具などは使う度にもとの場所にお返しください。
  • ガスコンロやシンクを汚したときは、その都度拭いて清潔にしてください。
  • 生ゴミは水気を切ってステンレスのペダルペールに入れ、いっぱいになったら外のコンポストボックスに捨ててください。コンポストには土に還るものであれば何を入れても結構です。コーヒーフィルターやティーバッグは面倒でも素材をお確かめください。
  • ビンや缶、ペットボトルは中身をすすいで分別して捨てて下さい。
  • 洗い物の排水はできるだけ少なくなるような工夫をお願いします。油分は先にトイレットペーパーや新聞紙等で拭き取ってから、備えつけの洗剤または石けんを使って洗ってください。
  • スポンジはシンク用と食器洗い用を分けて下さい。
  • 野菜はできるだけ外で土を落とし、土のついたまま台所内に放置しないで下さい。
  • 食材、調味料は持ち込み、持ち帰りをお願いします。
【洗面所】
  • うがい、歯磨き、外出から帰った際の手洗いは台所ではなく洗面所をご利用下さい。
  • ボイラーは使い終わったら忘れずに電源を消して下さい。
  • 換気扇は24時間つけっぱなしにして下さい。
  • 後から使う人のために備え付けのハンカチで水滴を拭き取ってください。
【汲取り式水洗トイレ】
  • 清潔にお使いください。男性の小用は、便座を上げてお願いします。
【シャワー】
  • シャンプーやリンス等はなるべく生分解性のある物(無添加石けん等)を使用して下さい。
  • 使用後はスクージーで床の水を切り、また研修室の床を濡らしたときは速やかに雑巾で拭き取って下さい。
【利用料金】
  • 午前(8:00~12:30)、午後(13:00~17:00)、夜(17:30~21:30) 各5000円(4時間)
  • 宿泊利用(10:00~翌日10:00) 学び舎レンタル料金 18000円 + 素泊まり料金 3000円/人(1~3名利用時)

*冬季利用(11~3月)については暖房費として別途500円/1人いただきます。

*会員は上記価格の2割引となります。地域行事については別途ご相談下さい。

生活全般

自炊設備の整った研修施設です。多様な目的でご利用いただけます。

  • ガスや水道水も限りある資源(そして有料!)です。寒い、暗いを我慢する必要はありませんが、無駄なエネルギーには気を使ってできるだけ節約をしましょう。
  • 室内禁煙です。タバコは屋外で吸い、吸殻は自分で始末して下さい(携帯灰皿を使うか、焼却場に捨てるのが望ましい)
  • 盗難などのトラブルには一切責任を負いません。ご自身で管理して下さい。

お問合せ先、アクセス

北海道エコビレッジ推進プロジェクト
余市エコカレッジ事務局

〒046-0002
北海道余市郡余市町登町1863
※JR余市駅からバスで10分(赤井川線でモンガク下車)
TEL/FAX: 0135-22-6666

北海道エコビレッジ推進プロジェクト
札幌事務局

〒064-0959
北海道札幌市中央区宮ケ丘2丁目1-1-303
FAX: 011-640-8422(坂本)

マップ
ページTOP